鬼門を見つけるには|風水では間取りが重要

夢とタロット

二人の女性

夢占いは、2016年の全体運をみたり占うことはできませんが、メッセージ性を強く感じる人が多くいます。タロットカードは78枚の大アルカナと小アルカナからできており、これらは全体運だけではなく、対人関係や2016年の恋愛運など幅広くみることができるため人気があります。

もっと見る

内面的性格を知り開運する

悩むレディ

九星気学は古代中国に始まる九星と、日本で考案された気学が一緒になった占術です。九星気学の専門的な知識に傾斜法があります。傾斜法は本人も自覚していない性格や運勢を知り、適職や人間関係を占うために用いられます。

もっと見る

自分の意識を操る

女性占い師

自分の潜在意識は、恋愛に役立てることができます。潜在意識の活用方法がわかれば、好きな人と自分のものにできるようになります。占いの力を借りて、潜在意識を引き出すこともできます。

もっと見る

幸せになる為に

トランプと手

悪い結果を信じすぎない

占いの歴史は古く、そのあり方も時代と共に変わってきています。2016年に注目されているのがハイブリッド占いと呼ばれるものです。これは、2016年より前にはなかった方法で、一人の相談者に対して複数の占い師が鑑定するというものです。その方法も様々で、占星術や数秘術、手相、タロットカード、算命学などと、全く異なります。「2016年の全体運をみてもらいたいけど、一つの方法ではなく色々な方法でみてもらいたい」という人から人気を集めています。しかし、気をつけることがあります。それは、占いの結果についてです。「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われているように、すべてが必ず当たるというわけではありません。そのため、悪い結果が出てしまったからといって極端に落ち込んだりしないようにしましょう。

神秘的なのが特徴

2016年よりも前に流行った占いに動物占いがあります。これは、相談者を12匹の動物にあてはめて未来や対人関係を占うものです。この占いは昔からありましたが、その時代に合った可愛い絵柄を用いることで、人気を集めました。同じような占術に干支を用いたものがあります。これらは中国から来たもので、日本ではなじみのあるものです。日本にも沢山の占いがありますが、その多くが海を渡って日本に来ました。タロットカードを用いたタロット占いもその一つです。タロットの発祥地は北イタリアと言われていますが、はっきりとしたことはわかっていません。タロットカードは紙に描かれた人物等によって占うものですが、この「紙に絵を描いて占う」というのも、元々は中国からきたものだと言われています。世界には多くの占いがありますが、どれらも「誰がどのようにして作ったのか」というのがはっきりしていないのが特徴です。

鬼門の見つけ方

風水では方角によっていいパターンや悪いパターンがあるので、これから取り入れようとしているのなら覚えておくといいでしょう。例えば、東に玄関があるか、西に神棚があるかで運気が劇的に変わってくるのです。しかし、風水をはじめてする人にとっては、どこが鬼門なのか分からない方も多いでしょう。そういった時は、自分の家の図面やコンパスを用意するだけで知ることができるのです。まず、間取りの最角を全て定規で結びます。そして、線が交差する部分にコンパスを設置し、北を示している線から45度のところが鬼門になるのです。間取りを確認し、良い運気を取り込むようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加